学術的な市場調査の特徴


Articles
Japanese
Market Research

多くの業界では、マーケティングや 成長目標を達成するために、オーディエンスとつながり、フィードバックを得られるよう、市場調査を活用しています。しかし、学術研究者は、それぞれに独自の用途で市場調査を活用しています。市場調査を実施することで、大学の環境であろうとなかろうと、研究、論文、研究プロジェクトを充実させることができます。

学術的な市場調査とは?

市場調査とは、企業が新製品や既存サービスの成功を検証するために、ターゲットとなる顧客と直接対話することです。ターゲットに直接働きかけることができるため、企業や個人は、マーケティングプロセス、製品デザイン、可能な改善点などに関するフィードバックを得ることができます。また、市場調査によって、製品やコンテンツと最も交流のある人物を明らかにすることができ、企業が消費者をより深く理解するのに役立ちます。

学術分野では、教員や学生が、大学院生の学位論文や卒業論文のような科学的、社会的、心理学的研究をサポートするために市場調査を利用することができます。大学関係者は、市場調査を利用してターゲット層と接触し、研究の指針や継続に役立つ貴重なデータに触れることができます。

多くの教授や学者が定期的に研究を発表していますが、その際には助成金などの外部資金が必要になることが少なくありません。市場調査の方法は、教授が自分のテーマを探求するのに役立ち、研究が行き詰まって研究がうまくいかないと気づく前に、アイデアをテストすることができます。

研究者は、他人を被験者として研究を行う場合、守るべき倫理観があります。市場調査を行うことで、内務委員会の倫理規定を確実に守りながら、研究内容や対象者にとって重要なデータにアクセスすることができます。

学術研究における市場調査の重要性

市場調査は、学術研究者が成長と向上目標を達成するのに役立ちます。市場調査は、研究者が対象者をよりよく理解するのに役立つため、高等教育現場の研究者は、対象者に対してより効果的であるとわかっている行動や決定をより慎重に行うことができます。

市場調査は、以下のような学問において有効です。

  • 心理学:心理学では、研究論文のためのインタビューなど、市場調査が活用される例が多くあります。心理学は心や行動を研究する学問であるため、人々にインタビューに参加してもらうことは、研究の妥当性を高める上で非常に有用です。
  • 政治学:政治学者は、フォーカスグループインタビュー等の市場調査を使って、過去のキャンペーンの成功に関す研究をすることがあります。そうすることで、将来、より成功し、効果的なキャンペーンを実施することができます。
  • 社会調査:個人やコミュニティの研究は、研究者が彼らに接触し、問題やトピックに関する彼らのインサイトを得ることができれば、より効果的です。学術研究者は市場調査を行い、研究したいテーマを見つけたり、自分の興味を深めたりすることができます。
  • 研究プロジェクト:教授や学生、その他の研究者は、キャリアを積む中でリサーチプロジェクトに取り組むことが多いでしょう。市場調査を行うことで、研究対象者を絞り込んだり、研究に必要なニーズがあるかどうかを判断したりすることができるため、プロジェクトに深く入り込む前に、市場調査を行う必要があります。
  • 学位論文:大学院生や研究者は、論文を書く前に市場調査を行うことで、提案する論文のテーマについてより深く知ることができます。オンライン調査や個人的なインタビューなどを行い、インサイトを得ることができます。

教員と学生の研究

教員や学生の研究は、特定の分野を理解し、より深く掘り下げるのに役立ちます。学術的な研究はどうしても供給が限られてしまいますが、市場調査であれば、学生や教授が自分のテーマをより深く掘り下げ、ターゲットとなる人たちと簡単につながりを持つことができます。

信頼できるデータを用いた優れた研究は、大学のイメージや評判を向上させるのに役立ちます。大学は、学生やスタッフが何をしているかをアピールし、学術研究会議に参加したり主催したり、作品を出版したりすることができます。研究の機会やスタッフの業績に関する情報を公開することで、スタッフの信頼性を向上させ、学内の学生が享受できる機会をアピールすることができます。

このような研究は、大学が他の学校に対して差をつけるのに役立ちます。自校が優れた研究を定期的に行い、そのために必要なツールを提供しているという前例を作ることができるのです。

信頼性の高いデータ

研究者は、研究対象やトピックを正確に反映し、研究に確実に使用できるデータを入手する必要があります。市場調査の方法はいくつかありますが、教授は、アンケートでより多くのデータサンプルを得たり、個人インタビューで専門家やスペシャリストと話すなど、信頼性を高めるための研究環境を作ることができます。

信頼性の高いデータは、報告書を読む人にとって、研究の信頼性を確保するのに役立ちます。多くの研究者は、自分の研究の信頼性をどのように確保したかを公表しなければならず、他の研究者に自分の研究が信頼できるものであることを保証するのに役立っています。教授が信頼できるデータを使って信頼できる研究を行うことができれば、他の研究者は、背景の調査や情報、結果や統計の引用に至るまで、その研究を学術的な探求に利用することができます。市場調査やその信頼性は、教授の研究が各分野でより広く普及するのに役立ちます。

倫理的コンプライアンス

医学報告から政治学や心理学の研究者が主催する調査やフォーカスグループまで、人間を対象とした研究を行う際には、倫理の遵守が必要です。教授や学生の研究者は、個人情報やその他の機密情報のプライバシーを確保するために、従わなければならない多くの法的基準があります。

例えば、研究者は、追加の機会や情報を提供するために、被験者の連絡先を収集することがあります。しかし、個人を保護するプライバシーに関する法律に違反することなく、その情報を報告書に掲載することはできません。

さらに、多くの研究者は、プライバシーの遵守と個人データの収集および使用方法について説明する誓約書を提出しなければならず、不快に感じる被験者には、調査から脱退する機会を提供しなければなりません。市場調査は、研究者が必要とする貴重なデータを提供し、研究者とターゲット層とを結びつけると同時に、倫理的な行動を実践するものです

学術機関が市場データを収集する方法

大学では、いくつかの方法でデータを収集することができます。様々なターゲットにアプローチし、学校のサービスやプログラムを改善するために利用できる有益な情報を得るために活用できる方法がたくさんあります。情報収集方法には、以下のようなものがあります。

インタビュー、フォーカスグループ: 対象者と直接話すことで、対象者のことをより深く知ることができます。教授や学生は、他の学生や教員、あるいは一般の人々を集めて、研究テーマについて話したり、自由回答の質問をしたりすることができます。被験者は、改善や 成長のための貴重なインサイトを提供することができます。また、よりパーソナライズされた結果や専門家と話す機会を得るために、特別に個人にインタビューすることも可能です。

インターネット調査:より多くの人にアプローチしたいのであれば、ネット調査は最適なソリューションです。直接インタビューできないような個人やグループに意見を聞くことができます。地理的に離れた地域、人口統計、文化的、民族的グループと接触することができ、研究者がそれらの視点から理解を深めるのにとても有用でしょう。

サードパーティーのサービスやプラットフォーム:自分で調査を行うのは一次調査、第三者のサービスを通じてデータやインサイトを受け取るのは二次調査です。しかし、二次情報を利用することで、大学のリソースの負担を軽減し、学者が最も得意とする研究に集中することができます。サードパーティーのサービスは情報収集の専門家であるため、研究者の目標達成に役立つ質の高いサービスやデータを提供することができます。

調査データの収集方法を理解することは、対象者へのアプローチ方法を決定するために不可欠です。リソースが限られている場合は、第三者のサービスや製品に投資することで、リソース不足から解放され、情報収集に集中できる可能性がある点を考慮しましょう。

Cintで教育機関向けの市場調査を実施する

学術的な環境での市場調査のデータ収集は、高等教育機関に、教授や学生の研究プロジェクトを成功させるために必要な、重要な情報を提供します。市場調査は、研究のプロセスを合理的なものとし、研究チームがその分野で共有できるようなインパクトのある成果を生み出すのに役立つ、非常に多くの用途と利点を備えています。

Cintでは、あらゆる業種の企業が貴重なデータを収集できるマーケティングリサーチツールを提供しています。Cintのアンケート収集ソリューションは、企業とターゲットオーディエンスを結びつけ、効率的かつ正確にアンケートデータを収集できるよう支援します。Cintをお使いいただくと、リサーチャーが調査結果に素早くアクセスできるため、データの分析・活用をより早く開始することができます。

Cintの提供するサービスの詳細、見積もり、デモの依頼、弊社の提供業務や大学のニーズを満たすためのソリューションに関する質問は、今すぐCintにお問い合わせください。

コネクテッドTVの台頭、効果的な測定方法とは

コネクテッドTV(CTV)への広告は、現在最も人気のあるマーケティングチャネルの1つであり、米国世帯の92%以上にリーチしています。CTVでは、視聴者はFire StickからApple TVまで、さまざまなインターネット対応デバイスでテレビ番組を視聴します。CTV広告により、マーケティング担当者は従来のケーブルTV広告では不可能だった方法で視聴者をターゲットすることができます。IPアドレスや過去の検索履歴に基づいて、視聴者にパーソナライズされた広告体験を提供できます。