あなたがお探しの「政治関連の調査」の最適なパートナーがCintです


Japanese
Media Measurement
Political Research
Powered by Cint

いまやCintは世論調査や社会調査のために欠かせない存在です

米国をはじめ世界的に政治情勢が刻々と変化する中、信頼できるサンプルサプライヤーを見つけることは、政治・社会調査にとって不可欠です。長年にわたり、Cintチームはあらゆる形態、規模、分野のリサーチャーと協力してきました。しかし未だに、弊社の優秀な政治関連の調査ソリューションについて改めて知っていただくと、しばしば驚かれます。

実際、私たちは、世論調査会社や政治関連企業だけでなく、政治分野において最も興味深い問題や研究課題に取り組んでいる、意欲的なリサーチャー方と提携しています。

NationscapeはLucid社(Cint Group社)がフィールドワークを担当しました。

その代表的な例が、Lucid社(Cint Group社)が2020年の大統領選挙サイクルのために実施した「Nationscape」という調査です。LucidUCLADemocracy Fundと提携し、16ヶ月間で50万人のインタビューという、過去最大級の世論調査を実施するというエキサイティングな挑戦に挑みました。

私たちの専門分野は回答者の確保であり、チームはUCLAとDemocracy Fundと協力して2020年の選挙サイクルに向けた世論調査を実施することに喜びを感じていました。このパートナーシップにより、チームは私たちの得意分野に集中でき、UCLAとDemocracy Fundのチームは自分たちの得意分野である調査設計、方法論、分析に集中することができました。

LucidとUCLAおよびDemocracy Fundのパートナーシップにより、今回の選挙期間中に一般の人々をより深く理解することができ、「誰が最も当選しやすいか」という質問に対する答えを提供することができました。

Cintは政治広告キャンペーンの測定も可能

Cintは、世論調査の機能に加えて、政治家が広告キャンペーンの効果を測定するためのインパクト測定などのソリューションも提供しています。

例えば、ある政治家の事務所は2020年の大統領予備選挙候補者から、適切なメッセージと広告展開で適切な有権者にリーチするための支援を請け負ったことがあります。大統領候補に対する消費者の意識を理解するために、選挙権や有権者の意思などのKPIを促進するキャンペーンがどれほど効果的だったかを知る必要がありました。その結果、キャンペーンのパフォーマンスをより詳細に把握することができたのです。

同社はLucid(Cint Group Company)を使用して、候補者の全国キャンペーンでブランドリフトのテスト調査を実施することができました。ケーススタディはこちらからご覧いただけます。

LucidCintのテクノロジーで政治に関する調査の可能性が広がります

LucidとCintが一緒になったことで、私たちはさらにスケーラブルなインサイトソリューションを手に入れ、ユーザーに計り知れない価値をもたらすことができるようになりました。何百人もの政治関連リサーチャーに力を与えてきた私たちは、テクノロジーを取り入れることで、思っているよりもはるかに多くのインサイトを得ることができることを発見しました。

Cintは、回答者の調達において比類ないスピード、スケール、コントロールをリサーチャーに提供し、これまで不可能とされてきたスタディを可能にします。

このような考え方でリサーチ対象に取り組むとしたら、どんなことが実現できるでしょうか。 次の政治に関する調査や広告キャンペーンにCintのソリューションを活用する方法については、私たちのチームにお問い合わせください。

コネクテッドTVの台頭、効果的な測定方法とは

コネクテッドTV(CTV)への広告は、現在最も人気のあるマーケティングチャネルの1つであり、米国世帯の92%以上にリーチしています。CTVでは、視聴者はFire StickからApple TVまで、さまざまなインターネット対応デバイスでテレビ番組を視聴します。CTV広告により、マーケティング担当者は従来のケーブルTV広告では不可能だった方法で視聴者をターゲットすることができます。IPアドレスや過去の検索履歴に基づいて、視聴者にパーソナライズされた広告体験を提供できます。