生活費の高騰が世界の最重要課題に


Articles
Powered by Cint
Uncategorised

デジタル市場調査会社Cintの消費者ネットワークを介して、社会的・環境的関心を追跡するCatalystプログラムを通じて収集した消費者の意見によると、COVIDに対する不安は減少していますが、それに代わって生活費に関する懸念が高まっていることがわかりました。

実際、インフレ率が30年ぶりの高水準に達し、英国を例に挙げると7%に達しています。当社の調査によると、生活費の危機はここ数ヶ月で着実に上昇し、米国、英国、オーストラリアで最も緊急な課題になっています。

政策立案者が生活費の上昇に悩む人々の支援に目を向けることはますます重要になってくるのは確かであり、社会はパンデミックの間にますます深刻になっている無数のメンタルヘルス上の問題を悪化させる危険もはらんでいるのです。

生活コストの上昇という点では、調査対象となった3大市場の中でベビーブーマーが最も懸念していることがわかりました。このように、消費者の態度や行動は、地域、性別、収入、教育水準などの違いによって大きく異なり、その複雑さを物語っています。

さらに、3つの市場すべてにおいて、女性は男性よりも生活費を早急に解決しなければならない課題として挙げる傾向が強く、子供のいる人も同様でした。

このように、急速に変化する今日の市場をよりよく理解するために、迅速な市場調査が重要であることがさらに明らかになっています。

フランスで行われた選挙やオーストラリアで行われた選挙を考えると、各政党が生活費の上昇に対してどのような対応ができるのか、非常に興味深いところです。

消費者の態度や行動が変化し続ける中、このようなインサイトは、ブランドが消費者をよりよく理解するのに役立っています。

世界中の3,000社以上のインサイトドリブン企業から信頼を得ているCintは、社会問題や環境問題に対する消費者の関心事を調査するオープンソースの調査プログラム「Catalyst」に回答者を提供しています。このプログラムでは、企業が自らの行動計画を促進するためのインサイトを提供することで、会話、行動、そして行動の変化を促すための知識を蓄積しています。

Catalystプログラムによって作成された記事全文はこちらでご覧いただけます。

コネクテッドTVの台頭、効果的な測定方法とは

コネクテッドTV(CTV)への広告は、現在最も人気のあるマーケティングチャネルの1つであり、米国世帯の92%以上にリーチしています。CTVでは、視聴者はFire StickからApple TVまで、さまざまなインターネット対応デバイスでテレビ番組を視聴します。CTV広告により、マーケティング担当者は従来のケーブルTV広告では不可能だった方法で視聴者をターゲットすることができます。IPアドレスや過去の検索履歴に基づいて、視聴者にパーソナライズされた広告体験を提供できます。

新学期やホリデーシーズンのキャンペーンを成功させるためにリアルタイム測定が重要な理由

バック・トゥ・スクールとホリデー・ショッピングの商戦は大きな変化を遂げつつあり、広告主や小売業者は適応を迫られています。買い物客は常にお買い得商品を探し、インフレに対処し、これまでよりも早く買い物を始める傾向にあることから、広告主はそれに合わせてキャンペーンの戦略を転換する必要がでています。