ダブルオプトインのパネルがデータ品質とイコールでない理由


Insights

何らかの理由で、インサイト業界は、ダブルオプトインの市場調査パネルが意思決定に必要な量、質、および代表的なデータを提供すると信じ続けています。実のところ、この信念はほぼ確実に反対であることが証明されており、不正回答や回答者のエンゲージメントの悪化によって引き起こされる、データ品質の問題を取り巻く課題に対処していません。

オプトイン市場調査パネルに関するピュー・リサーチ・センターによる最近の調査では、オプトインパネルから選ばれた回答者が、より多くの母集団を代表しないというリスクを分析しました。傾斜がけ、傾向の重み付け、マッチングなどの手法を採ることで、リサーチャーは代表的なサンプルになるように目指しますが、ピューセンターの調査結果では、これらの手法がバイアスを排除しなかったことを示しました。

混沌としたデジタル環境で、回答者を関与させることがますます難しくなるにつれて、ダブルオプトインには協力に対する本質的な障壁もはらんでいます。回答者が最初のフォームを介してオプトインし、パネルに参加することを確認するために自動化された電子メールが送信されるプロセスは、消費者が現在期待している高速で合理化された基準を満たしていません。過去数年間で、この面倒なプロセスのせいもあって、ダブルオプトインの市場調査パネルへの参加は急落しました。

規模、代表性、多様性

サンプルに関して言えば、肝心なのは、各人が本物であり、深くプロファイルされ、関与し、法律に従って敬意を持って扱われる必要があるということです。これは、リアルタイムのリクルーティング手法を使用して、より速く、より効率的に行うことができます。例えば、潜在的な回答者はオンラインポータルに誘導され、リアルタイムで調査のためにスクリーニングされ、規定などを満たすための詳細な許諾を与える、という具合になります。

このシナリオでは、自動化によって発生した効率性により、複数のソースから参加者を効果的にリクルートできます。ここでは、数千とは言わないまでも数百のソースについてお話します。摩擦のないリクルートは、サンプルソースの幅と多様性を確保するための不可欠なツールになりました。これは、ソースバイアスを最小限に抑えて、世界人口の代表的で多様なスナップショットを取得する唯一の方法です。何百ものアフィリエイトネットワーク、パブリッシャーネットワーク、ブログネットワーク、ロイヤルティサイト、大規模なオンラインコミュニティ、Webサイト、ソーシャルメディアプラットフォームからリクルートする幅広いパートナーシップを持つサンプルサプライヤーは、回答者ベースがデータ品質を担保するのに十分多様であることを保証するのに役立ちます。複数のソースから回答者を調達することは、多様性を生み出すための実用的な解決策であるだけでなく、「プロフェッショナル回答者」の集団として批判されるパネルの問題にも対処していることになります。

回答者が実際に誰であるかを理解することは、もう1つの重要なテーマです。膨大な量のデータが利用可能になったことで、各個人を多くのデモグラフィック属性で詳細にプロファイルすることができ、また必要とされる、正確なターゲティングを可能にしてきました。これにより、リアルタイム技術の価値提案がさらに向上しているのです。

不正回答者とエンゲージメントの影響について

それでも、多くの人は、ダブルオプトインは個人の参加許諾を確実に得る方法であり、現在の規制や消費者の期待に応えるために、プライバシーの観点からも透明性高く信頼性を追加する方法であると信じています。ただし、市場調査パネル会社が動的な不正検出や回答者の関与などの慣行に積極的に関与していない場合は、ダブルオプトインは重要ではありません。

不正回答の観点から、AIと自動化を使用する技術は、大量のデータをふるいにかけ、絶えず変化する不正回答者のプロファイルをリアルタイムで検出できるようになりました。動的な不正軽減方法を、より馴染みのある従来のアプローチと組み合わせることで、リアルタイムを含むあらゆる回答者のリクルート環境で、防御線を設置できます。自動化により、回答者のエンゲージメントも大幅に改善され、回答者のマッチングから適切な調査、実査参加体験のマネジメントまで、あらゆるものにプロアクティブなソリューションが提供されます。

関連する注記事項として、回答者の注意力と正確さを監視することも同様に重要です、というものがあります。サプライヤは、回答の一貫性から実査監督基準まで、すべての測定値を監視し、人々が思慮深く正確に回答できるようにする義務があります。そうでない場合はそのサンプルを除外する必要があります。

今日のエコシステムでは、ダブルオプトインのリクルーティングを好む理由はもはやありません。実際、それは回答者の参加協力と関与に対する大きな障壁になる可能性があります。回答者のサプライチェーン全体でデータ品質を優先するスマートで自動化されたテクノロジーにより、急速に時代遅れになっているダブルオプトイン方式に頼ることなく、熱心で代表的で多様な「本物の」回答者を獲得できるのです。

Liked this post? Spread the word on:

NPD Groupは、Cintを活用しビジネスの効率化を加速します

Cintが、世界をリードするマーケット情報プロバイダーの1つであるNPD Groupのサンプリングおよびデータ収集プロセスマネジメントを支援していることを発表できることを嬉しく思います。 Cintは、NPDがデータの収集スピード、規模、サンプル回収力を向上させ、さらに世界最大の消費者ネットワークへのアクセスを提供することで、企業のビジネスプロセスの効率化を加速します。