Cint と StatSocial は、難しい調査対象者ターゲットを可能にすべく、データ連携を行いました


Company News
Insights
Powered by Cint
Press Releases

Cint と StatSocial の新たなパートナーシップにより、インサイトのプロフェッショナルたちが両社のプラットフォームのパワーを活用し、ニッチな市場調査対象者を迅速かつ大規模にターゲットできるようになりました。当社の1億5500万人の高度にプロファイリングされた回答者とStatSocialの13億のソーシャルアカウントと3億の認証済み個人のマッピングを組み合わせることで、膨大な数のデータポイントを使った回答者ターゲティングを、オーディエンスの同意に基づくCintのコンプライアンスに準拠したエコシステムで提供できるのです。

2021年10月19日に発表されたプレスリリースは以下からご覧ください。

デジタルインサイト収集のグローバルソフトウェアリーダーであるCintStatSocialは、ニッチな市場調査対象者を迅速かつ大規模にターゲティングするためのコネクテッドデータソリューションを提供するために提携しました。この新しいソリューションは、Cintの1億5,500万人の高度にプロファイリングされた回答者とStatSocialの13億のソーシャルアカウントと3億の認証された個人のマッピングを統合したものです。

この強固なパートナーシップは、2つのプラットフォームのパワーを組み合わせ、回答者のプロファイリング情報を膨大な数のデータポイントで充実させ、そのすべてを同意に基づいた、コンプライアンスに準拠したエコシステムで実現します。CintとStatSocialのデータを接続することで、リサーチャーやマーケティング担当者は粒度の細かいプロファイリングを実現し、かれらの調査企画のために、リーチが難しいB2Bグループを含む、高度なターゲットを可能にしたカスタムオーディエンスを構築することができるのです。

Cintのコネクテッド・データ担当副社長であるHeather Hughesは、次のように述べています。「このパートナーシップは、まさに次世代の市場調査プログラムを象徴するものです。それぞれのプラットフォームが持つ膨大なプロファイリングポイントと相まって、我々の顧客は昨今の市場で必要とされるレベルの調査ターゲティング、つまり適切な回答者に迅速かつ容易にアプローチすることができるのです。CintとStatSocialは、リーチとスケーラビリティに重点を置いていることもあり、個人間のマッチング率が非常に高いです。」

StatSocialのCEOであるDavid Barkerは、次のように述べています。「StatSocial と Cint は共に、我々のオーディエンススケールと堅牢な分類法を組み合わせることで、市場調査プログラムに革命を起こしています。これにより、お客様は調査のプロファイリングとリクルートメントに対してより戦略的なアプローチを取ることができ、豊富なソーシャルアフィニティデータを持つパネル回答者から得られるインサイトを拡張することができます。調査の回答が得られたら、パネルデータに85,000以上のユニークな属性をシームレスに追加し、重要でありながら不足しがちなソーシャル視聴者のインサイトを提供することができます。

このパートナーシップは、130カ国の調査回答者からなるCintのグローバルオーディエンスと、数千のソーシャルオーディエンスの属性によってプロファイリングされたStatSocialのグローバルオーディエンスを結合させます。この統合ソリューションのユーザーは、以下のことが可能になります。

– より深いプロファイリングのために、シームレスに接続された両方のオーディエンスデータを利用することで、調査回答者とパネリストの正確なターゲティングを実現します。

  • ブランドの認知度や影響力を測定するために、コンテンツに接触したことのある回答者にリーチし、ターゲットを絞ることができます。
  • 職種、雇用主、ブランドへの愛着、情熱、デジタルペルソナなどを示すソーシャルデータで強化されたデモグラフィックによって回答者オーディエンスを選択することができます。
  • アンケートやパネルのデータに、情熱、興味、好みのメディアなど、85,000以上の顧客属性を付加することができます。
  • ウォールドガーデンのソーシャルアフィニティデータで回答者プロファイルをリッチ化し、ニッチなサンプル対象者にオンザフライで調査を実施します。
  • 非常にニッチな市場でも、ターゲット調査を構築して、露出を増やし、新規顧客を獲得し、新しいビジネスを生み出すことができます。

Source.

コネクテッドTVの台頭、効果的な測定方法とは

コネクテッドTV(CTV)への広告は、現在最も人気のあるマーケティングチャネルの1つであり、米国世帯の92%以上にリーチしています。CTVでは、視聴者はFire StickからApple TVまで、さまざまなインターネット対応デバイスでテレビ番組を視聴します。CTV広告により、マーケティング担当者は従来のケーブルTV広告では不可能だった方法で視聴者をターゲットすることができます。IPアドレスや過去の検索履歴に基づいて、視聴者にパーソナライズされた広告体験を提供できます。

新学期やホリデーシーズンのキャンペーンを成功させるためにリアルタイム測定が重要な理由

バック・トゥ・スクールとホリデー・ショッピングの商戦は大きな変化を遂げつつあり、広告主や小売業者は適応を迫られています。買い物客は常にお買い得商品を探し、インフレに対処し、これまでよりも早く買い物を始める傾向にあることから、広告主はそれに合わせてキャンペーンの戦略を転換する必要がでています。