Cint 品質基準

Cintプラットフォームとその製品は、ESOMAR、MRS、ARF、MRIA、AMA、AMSROおよびInsights Association 基準に準拠しています。 CintはISO 20252にも準拠しており、オーストラリアとドイツで認定されています。

弊社の品質への取り組み

Cint品質憲章
Cintでは、品質を事業の最優先事項として、世界をリードするインサイトプラットフォームとして位置付けています。 Cintは、Cintが品質の業界リーダーであることを確認するために、Cintの品質プロセス、独自のテクノロジー、テクノロジーパートナーシップ、および製品ロードマップのさらなる拡大に焦点を当てた専任チームと、この品質憲章の実践に投資しました。

業界団体
Cintは品質を非常に真剣に受け止め、ESOMAR、MRS、Insights Association、ARF、MRIA、AMA、およびAMSROの基準に完全に準拠しています。これらは、要件の標準を上回っている場合があります。

データのプライバシー
ヨーロッパを拠点とし事業を行うCintは、当初からデータプライバシーガイドラインに準拠しており、GDPRに完全に準拠しています。消費者の許諾は当社のビジネスモデルの核であり、Cintの Permissions Engine によって完全に制御されます。

透明性
Cintのテクノロジーの中核は透明性です。すべてのクライアントは、サンプル供給元に関する情報に直接アクセスして、リクルートソースの品質を監視および評価できるようにします。

幾重にも設置された不正および品質チェック

登録
独自のCint Fraud Detection Servicesと業界スタンダードのサードパーティソリューション(GEO IPチェックやキャプチャを含む)の組み合わせを適用して、データ品質が最適な基準に保たれるようにします。

サンプリングと調査
独自のCint Unique Respondentソリューション、Imperium RelaventID、Maxmind Minfraudによる重複排除を実施します。 (住所の確認と禁止されたデータベースからのデータ利用の除外も含む)

リワード
パネリストに報酬を与える前に、Cint独自のCint Fraud Detection Serviceを通します。

独自技術

Cintの一意の回答者
独自の重複排除ソリューション。

Cint不正検出サービス
データポイント、動作、およびスピードとストレートライナーを含むパターンを分析することにより、パネリスト間の不正な動作をスコアリングおよび検出する独自のソリューション。

お客様の声
顧客データ収集からのリアルタイムおよび調査後のフィードバックにより、自動パネルクレンジングおよび自己学習型のCint Fraud Detection Serviceにフィードします。

禁止されているデータベース
将来の自動ブロックのための識別子を含む禁止されたパネリストのデータベース。

異常の自動検出
不正なパネリストの体系的な検出と削除

サードパーティとの独自の調査URLおよびセキュアAPIトランザクション

サードパーティソリューション群

  • Imperium (Relevant ID)
  • MaxMind (minFraud, VPN/Proxy Detection, Geo-IP Verification)
  • Firehol (IP database)
  • Apility (Email scoring)
  • Google (reCAPTCHA)
  • SmartyStreets (Address verification)

Cint サプライに関する品質

Cintのすべてのサプライパネルは、サンプルやリサーチの品質に不可欠な特定の契約要件を確実に満たすために、パートナーシップに参加する前に慎重にレビューおよび精査されます。

これらには以下が含まれます。

  • パネル操作、メンテナンス、等の要件を含むISO 20252およびISO 26362品質要件の遵守
  • ESOMARおよびInsight Associationを含むがこれらに限定されない、適用可能なすべての業界の行動規範の遵守
  • 除外(特定の供給の削除/問題が発生した場合の特定のパネリストの削除)
  • 定義/標準化されたインセンティブ要件
  • 定義/標準化された調査の招待

お客様およびパートナーサクセスチームによる品質と不正防止対策

パートナーの成功
Cintには、サプライヤーと協力してCint Insights Exchangeでサプライヤーから最高レベルの品質を保証する専任のPartner Successチームがあります。

パートナー協力
品質の悪いレポートや詐欺行為の報告が上がっているサプライヤーとの継続的なフォローアップをしています。問題が解決するまでサプライヤーを除外または隔離することができ、リクルート方法および詐欺検出のベストプラクティスの共有をします。

パートナーモニタリング
Cintのパートナーサクセスチームは、サプライソースのパフォーマンスを毎日監視しています。モニターとパネルレベルの両方でさらに調査を行い、現在の設定とセキュリティプロセス、および傾向とパフォーマンスパターンを抽出します。パネルは、データ品質の問題が解決されるまで保留するか、Cint Insights Exchangeから完全に削除することを選択できます。

クライアントの協力
Cintはアンケートをホスティングしていません。適切なエンゲージメントと検証チェックの後に調査が確実に展開されるように、クライアントと熱心に協力しています。これらには、アンケート完了時間の分析、データの外れ値、未回答の質問、定型の質問、リアルタイムで品質の懸念事項をCintに報告して、Cints自動検出サービスを学習および改善します。

その他の品質管理と基準

調査管理チェックリスト

リダイレクトの正しい実装

  • 調査の適切なロジック
  • クォータの正しい設定
  • 個人的な質問、デリケートな質問、違法な質問があるかどうか
  • パネリストが収入や民族の質問で「答えない」オプションを選択できるかどうか
  • フィールドワークに進む前の全体的な一般的な品質

これらのポイントのいずれかがCintの品質基準に準拠していない場合、調査は開始されません。

調査参加活動によるモニターの評価
すべてのモニターは、調査参加のレベルによって採点されます。スコアが一定のレベルに低下した場合、パネル所有者はこのスコアリングシステムを使用してパネルを自動的にクリーニングできます。

自動ハウスキーピング
電子メールアドレスが無効であることが判明すると、Cintプラットフォームのパネルから該当モニターが自動的に削除されます。

ランダムおよび階層別サンプリング
必要なターゲット内で、サンプルはランダムに生成されるだけでなく、参加実績の高、中、低等で階層化され招待されます。

調査への招待の頻度
Cintプラットフォームのすべてのパネルには、パネルリストが調査の招待を受け取る頻度を決定する設定があります。設定されているデフォルトの日数は10日ですが、パネル所有者またはモニター自身は、これをより低くまたはより高く変更できます。

除外管理
サンプルをアンケートに送信する際に、プロジェクトおよび特定のステータスでモニターを除外できます。

パネル乱用者の拒否
検証プロセスでは、インセンティブ提供のために必要なID番号、自宅の住所、銀行の詳細などを使用し、乱用者(多数登録者)を排除します。

パネルブレンディング
複数のパネルから同時にサンプルを抽出して、見つけにくいターゲットグループに到達し、ソースバイアスを排除できます。これにより、ユーザーは、CATI採用パネルから、メンバーがパネル所有者のブランドと関係を持つオンラインコミュニティから構築されたパネルまで、さまざまなリクルート方法で組成されたサンプルを選択することでメリットを得られます。

モニターによる調査の評価
モニターは、調査の長さ、言語、論理、その他のエラーについて各調査を評価することができます。このフィードバックは、購入者が調査の質を向上させるのに役立ちます。

私たちのシステムで実行されるすべての調査は、全体のサンプルサイズの10%を取得するためにソフトローンチを必要とします。これは、完全に起動する前にエラーが検出されたことを確認するための追加チェックとして機能します。

調査の長さの上限
Cintは、調査所要時間はデータの品質と相互関係があると考えています。したがって、より長い調査は、より低い品質の結果を不当にする可能性があります。これを述べたとしても、独立したパネル所有者からの書面による承認なしに、CintはCintプラットフォームで35分を超える調査を許可していません。

パフォーマンスとセキュリティ
私たちは常にパフォーマンスとセキュリティの面で最先端の技術を生み出すよう努めています。特定の質問がある場合は、learnmore @ cint.comまでご連絡ください。お役に立てれば幸いです。

パネリストの品質管理プロセス
Cint Platformは、最初のリリース前に、トピック、コンテンツ、言語、長さ、ロジックについてすべてのリンクをチェックするように特別な注意を払っています。これに加えて、業界で最も厳しいパネル検疫手順がいくつかあります。当社のセキュリティ対策と品質保証の取り組みにより、サンプリングに関連する一般的な問題を根絶します。

これらの品質プロセスの背後にあるテクノロジーの詳細については、プラットフォームの機能をご覧ください。

  • 登録時
    Cintがホストする登録ページでは、Geo-IP検証テクノロジーを利用して、登録者がパネルの指定された国にいることを確認できます。キャプチャを使用して、自動化された(人間以外の)登録を停止できます。
  • サンプリング時
    プロジェクトに招待するパネリストを選択する場合(サンプリング)、パネリストを同じ調査に複数回招待することはできません。また、複数のパネリストアカウントに同じメールアドレスを使用する他のパネリストもサンプリングから除外されます。以前に他のプロジェクトに参加したことのあるパネリストを除外するオプションもあります。
  • 調査開始時
    Cintは、各回答者のステータス、つまり特定のプロジェクトに招待されたユニークな回答者を追跡します。回答者は、以前に回答したことがない、または回答した場合、何らかの理由で完了していないか「終了」していることがステータスに示されている場合にのみ、調査を開始できます。さらに、Cintは、「Cint Unique Respondent」と「Relevant-Id」という2つの重複除外テクノロジーを利用して、回答者が以前に調査を開始したかどうかを判断できます。 Cintはまた、調査の開始時にGeo-IP検証を適用して、回答者が回答時にパネルの指定された国にいることを確認できます。
  • 調査中
    Cintはエンドポイント(リダイレクトURL)を提供します。クライアントはこれを使用して、質の高い回答を提供しない回答者(ストレートライナーなど)を終了できます。
  • 調査終了時
    調査のエンドポイント(CintリダイレクトURL)に到達すると、「スピーダー」と詐欺師が(疑わしいとして)自動的に検出および追跡され、回答の重複がチェックされます。
  • 調整/プロジェクト終了時
    各回答者には一意の識別子が関連付けられているため、Cintプラットフォームとクライアント間でIDを比較することができます。その後、疑わしい回答を調査し、必要に応じて、回答完了カウントから除外して、Cintの記録で不正な回答としてマークすることができます。
  • パネルケア
    Cintは回答者の記録を使用して、不正なパネリストを定期的に識別し、プラットフォームから削除/失格にします